キャンプをしているときに雨に降られてしまった場合のとっておき対策!

アウトドア

キャンプを間近に控えると気になるのが天気です。雲ゆきが怪しいときは、数日前からそわそわしてしまう人も多いのではないでしょうか。

雨が降るかどうか、きわどい天候だとキャンプに持っていく道具は何が良いのか困ってしまいますよね。ですが、雨の日キャンプに必要な道具がわかったり楽しみ方がわかったりすると、雨の日キャンプが特別な日に早変わりします。

そこで今回は、キャンプをしているときに雨に降られてしまったときの対策についてご紹介していきます。

雨の日キャンプでも快適に過ごせるおすすめ対策

 せっかくのキャンプの日に雨に振られると、楽しみにワクワクしていた気分も下がって台無しになってしまいます。以下では待ちに待ったキャンプ日に、雨に降られても快適に過ごすためのおすすめの対策をご紹介します。これからご紹介する対策をしっかりと抑えて、雨の日でもキャンプを楽しく過ごしてください。

雨の日キャンプでも快適に過ごすための対策

1.テント入口前にタープを設営して、前室と連絡通路を作る。

前室を作ることで、荷物置き場を確保できるようになって有効スペースが広がります。または、タープの中にテントが入るようにタープを設営してください。そうすることにより、雨が直接テントに当たるのを防いでくれます。タープが小さい場合は連絡通路として、テントと連結して対策しましょう。

2.テント底に敷く「グランシート」や「ブルーシート」などのシート類で、浸水対策を徹底する。

ブルーシートはテント内の底に敷きます。ブルーシートをテントの外側に敷いてしまうと、ブルーシートの防水効果で、テント底とブルーシートの間に、水の逃げ道がなくなって水溜りが出来て浸水してしまいます。テント外の底には、グランシートを敷いても多少の浸水は防ぐことができます。シルバーシートでも十分な効果を発揮してくれます。

3.サイト区画が指定されていないフリーサイトなら、少しでも高い場所にテントを設営することを意識。

水は高い場所から低い場所へ流れ込むため、水溜りの出来やすい低地にテントを設営するのは避けたほうが良いです。窪地や低地などの「水の通り道」も避けるようにしてください。

4.オールウェザーシートをテント内に敷いて浸水を防ぐ。

テント外の底の浸水対策ができたら、テント内の浸水対策としてオールウェザーシートを敷いて浸水対策をします。

5.ペグは数本準備しておく。

雨の日は地面がぬかるんでいるため、テント設営に使用する「ペグ」は30cm以上の鋳造ペグを数本用意しておくと安心です。

6.レインウェア(耐水性10,000mm以上)、長靴、タオル、着替え用の服、ビニール袋の用意をしておく。

キャンプ開始時とキャンプ中、終了時の後片付けなどをスムーズに行うために、レインウェアを用意して雨対策をすることが大切です。

7.ドライバッグを用意する。

撤収するときに便利な、ドライバッグを用意しましょう。簡単に後片付けできます。撤収時も雨が降っていると、一刻も早く撤収したくなるので、そんなときはテントやタープをサッと一時収納できる、撥水加工された大きなドライバッグが1つあると便利。大きなビニール袋でも代用可能です。

8.思い切って、テントなどの大きなアイテムはレンタルする。

雨が降って大変なときの1つの選択肢として、テントなどの大型アイテムのレンタルです。レンタルすることにより、撤収時の片付けの負担が大きく減るので、こちらの対策もおすすめ。

9.飲食店を利用

雨の日は、サイトから炊事棟までの移動やら料理やら大変なので、ここも思い切って近くの飲食店に外食に行くというのも一つの手です。雨が降っていると、何かと不便なキャンプ。食事の準備でテントと炊事棟の往復も大変なので、ここでも思い切って近くの飲食店に食べにいくという方法もあります。


以上。上記が雨の日キャンプの主な対策ですが、これ以外にもさまざまな対策があります。1番良い方法は、常に安全が確保できている状態。明確な正解はありませんが、あまりにも風が強いなどの場合はキャンセルするのもキャンプにおいては大切な選択肢です。雨の日のキャンプでは、十分な安全対策をしたうえで楽しんでください。

雨の日キャンプでも快適に過ごせるおすすめアイテム

雨の日キャンプでも快適に過ごせるおすすめアイテム

CAPTAIN STAG「ツールームテント」

雨の日キャンプは衣服や靴が濡れて外気温も下がるので、余計に肌寒く感じて楽しさも半減してしまいます。雨の日には暖房器具をつけることが多いと思いますが、暖房器具をつけて空間を暖めることのできる、ツールームテントやシェルターがおすすめです。空間内も広く確保できるので快適性も大きく向上。

EVERNEW「ポリコットンタープ」

テントの上から覆いかぶせることのできる、大きなタイプのタープがおすすめです。大きくなくても、タープがあればテントと連結して連絡通路や前室を確保したり、テント内の有効スペースを確保するためにも使えます。

Grabber「オールウェザーブランケット」

NASAが開発した防水性、保温性、軽量化、コンパクト性に優れた多目的シートです。オールウェザーブランケットをテント内に敷いておけば、防水効果でテント内に浸水してきてもインナーマットやシュラフを守ってくれます。

Coleman「トレイルベッドコット」

地面に直に寝ることなく、折りたたみ展開したベッドの上で寝られるので、万が一床下浸水しても濡れる心配がありません。耐荷重も136kgまで耐えることができるタフなベッドです。

雨の日キャンプのメリット

キャンプ当日に思わぬ雨に見舞われたら、誰でも大きなショックを受けてしまいます。場合によっては何週間も前から準備していたのに、キャンプ当日になって雨予報になってしまったら、気分も滅入ってしまいます。しかし、雨の日キャンプは悪い事ばかりではありません。以下では、雨の日キャンプならではのメリットをご紹介します。雨の日キャンプを、少しでもポジティブに考えるための参考にしてください。

雨の日キャンプのメリット

  • 好天時と比べて、人が少ないのでプライベートサイト感が高まる
  • キャンプ上級者としての経験値が増える
  • テントの外に出られずに、テント内での会話を楽しむしかないから、家族や親友との仲が親密になる
  • アウトドアなのに、好きなことをしながらインドア(読書、ゲーム、会話、PCなど)を楽しめる
  • 雨の日にしか見れない、青々とした緑や霞みがかった幻想的な山中の景色を楽しめる
  • 雨上がりのタイミングに遭遇できると、そのタイミングにしか見ることのできない美しい景色や、運が良ければ虹を見ることもできる
  • 天気の良い日はやっかいな存在だった虫の姿が、雨の日には消える
  • テントに当たる雨音が、自然のBGMのように心地よく聴こえる

雨の日キャンプでは、上記で挙げたメリットなどがありますが、これらは一例にすぎません。他にもさまざまな、雨の日キャンプのメリットがあると思いますので、ぜひあなただけの雨の日キャンプのメリットを探しに行くというのも、楽しいキャンプになると思います。

雨の日キャンプで撤収した後の欠かせない対策

雨の日キャンプで大変な苦労をしないように対策して、簡単にサクッと撤収作業を終えられた翌日に、絶対に怠ってはいけない作業があります。

それは「テントの天日干し」です。雨の日キャンプでびしょ濡れになったテントを撤収したら、後日必ず天日干しをしてしっかりとテントの水分を乾かしましょう。

もしもテント干しを怠ってカビが生えてしまうと、洗ってもカビくささが残ったり耐久性が落ちて穴が開いてしまったりします。翌日も雨模様の場合は、テントを広げられる広いスペースで、一時的にテントについた水分を吹くようにしておきましょう。またはテントがよく乾く場所を確保できるなら、テントの水分を十分に飛ばして乾燥させるようにしてください。

アイテムのメンテナンスもキャンプの一貫です。アイテムを我が家の棚から準備して、棚に戻すまでがキャンプ。次回、テントを広げたときにカビが生えていたら大変です。次のキャンプでも楽しく快適なキャンプライフが送れるように、テントだけではなくキャンプアイテム全般のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

まとめ

<雨の日キャンプの対策>

  1. テント入口前に、タープをセットして前室や連絡通路を作る
  2. テント底にシート類を敷いて浸水対策を徹底する
  3. フリーサイトなら少しでも高い場所にテントを設営
  4. オールウェザーシートをテント内に敷いて浸水対策をする
  5. 30cm以上の鋳造ペグを数本用意しておくと安心
  6. レインウェア(耐水性10,000mm以上)、長靴、タオル、着替え、ビニール袋の用意をしておく
  7. 撤収するときにテントやタープを一時収納できる、ドライバッグを用意
  8. 思い切ってテントなどをレンタル
  9. 雨の日は料理も大変なので、ここも思い切って近くの飲食店に外食

<雨の日キャンプにおすすめのアイテム>


<雨の日キャンプのメリット>

  • 好天時と比べて、雨の日は人が少ないのでプライベートサイト感が高まる
  • キャンプ上級者としての経験値が増える
  • テント内で会話を楽しむしかないから、ファミリーや親友との仲が親密になる
  • アウトドアで、好きなことをしながらインドアを楽しめる
  • 雨の日にしか見れない景色を楽しめる
  • 雨が上がると、雨上がりの景色がとても美しく、運が良ければ虹も見れる
  • 好天時にやっかいな存在だった虫の姿が、雨の日には消える
  • テントに当たる雨音が、自然のBGMのように心地よく聴こえる

<雨の日キャンプを撤収した後の対応>

  • テントを撤収したら、後日必ず翌日以降は「テントを天日干し」する

雨の日キャンプには、実はさまざまなメリットがたくさんあります。キャンパーとしての経験値も上がったり、他のキャンパーも少ないのでプライベートサイト感が高まります。もちろん台風を伴った雨の場合は、強風も出てくるのでキャンプ場の予約をキャンセルして対応するようにしてください。

強風の中のキャンプは危険も伴ったり、面白みもなかったり大変なことしかありません。普段のキャンプよりも道具が多くなってしまいますが、雨の日キャンプには雨の日にしか体感できない楽しみもたくさんあります。

せっかくのキャンプで気分が下がることのないように、今回ご紹介した内容をしっかりと把握して、雨でも楽しいキャンプライフを過ごしてください。

【 この記事を書いている人 】

関連記事

特集記事

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 【 暮らしごはん 】〜よーこの食卓〜: 大人も子ども喜ぶ!!夏の夜空にピッタリの七夕レシピ『天の川そうめん。』

  3. 空と大地のあいまに 08

  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル→桂池】

  3. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  1. 【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  2. 「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  3. 現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

最近の記事

  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 【 暮らしごはん 】〜よーこの食卓〜: 大人も子ども喜ぶ!!夏の夜空にピッタリの七夕レシピ『天の川そうめん。』

  3. 空と大地のあいまに 08

ランキング

  1. 1

    これを読めば、あなたもタニラー?多肉植物の不思議な魅力

  2. 2

    堤防釣りは、初心者でも爆釣が期待できる楽しい釣り!

  3. 3

    渓流釣り用ウェアの選び方・初心者と釣りガールのために解説

  4. 4

    【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  5. 5

    それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

TOP