インド放浪記【最終日】

インド放浪記

インド・デリーの風

朝から雨だった。舗装のあまい道路に雨粒が落ち、町中がボタボタと音を立てていた。

街にインド料理の「ドーサ」を探しに出かけた。たくさん歩いて、やっと見つけた。もうすぐインドを出てしまう。食べれるうちにお気に入りの食べ物は食べたかった。

その後、デリーの古本屋に行った。世界各国の古本屋をめぐるのが好きだ。前回の旅の中で見つけた本を読み終わったら、次の旅の中で見つけた本屋に売りに行く。売った場所で新しい本を買う。売るときに自分の名前、旅の感想をつらつらと書き残しておくのが好きだ。いつか世界の誰かがその本を手に取ってくれた時、自分の旅がまた始まるような気がしている。デリーの古本屋の本は横積みだった。雨の中、少し湿った本を手に取るのがなんとも幸せな時間だった。この本はどこの国の誰が読んだのだろうか。

デリーの街中を散歩した。都会だった。今まで経由してきたどの街とも雰囲気が違った。地下鉄にも乗ってみた。雨はあがったり降ったりしていた。傘を持っていなかったので、雨が降ると木の下でのんびりした。

変わりゆくインド、変わらずに時が止まったインド。同じ国にも全く異なったインドが混在しているのだと思った。

宿を出るとき、壁に書置きをしてきた。また、世界の片隅に自分という存在を残した。デリーの滞在は短かった。今までの街の刺激が強すぎて、どこか退屈に感じてしまった。新天地を目指して旅を続けることにした。次はネパールに入国することにした。まずはゴラクプルに向かい、スノウリ国境からネパールに入国する予定を立てた。

デリーを発ったのは夜だった。駅でウロウロしていると、どこに並べばいいのか親切に教えてくれた。そして三度目の寝台列車に乗った。珍しく時間通りに出発した。

翌朝、ゴラクプルに到着した。眠い目をこすりながらトイレを探す。なかなか見当たらない。トイレは工事中だった。

その後、スノウリ国境行きのバスに乗り込んだ。バスは満員だった。自分の荷物を椅子にして座った。窓ガラスはガタガタで道も砂埃をあげていた。途中何度も寝落ちした。気づいたらスノウリ国境まで来ていた。

スノウリ国境は物売りの人と行きかう人でごった返していた。砂埃が目に染みた。旅の疲れで客引きがうるさく感じた。ベッドで眠りたかった。ここから人生で二度目のネパールへ入国する。インドはお別れだ。たくさん感情を揺さぶられ、たくさん考えさせられ、たくさん刺激を与えられ、自分の中の善と悪の区別もなくしてしまったインドに別れを告げ、国境のゲートをくぐった。

関連記事

特集記事

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 登山で出会えるきれいな植物!【第二弾】見つけてみよう!こんなにかわいい春の山植物

  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 【視線の先#003】 加藤則芳さんを辿って

  1. 【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  2. 「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  3. 現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

最近の記事

  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 登山で出会えるきれいな植物!【第二弾】見つけてみよう!こんなにかわいい春の山植物

ランキング

  1. 1

    現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

  2. 2

    【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  3. 3

    【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  4. 4

    「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  5. 5

    登山で出会えるきれいな植物!おすすめの山や見られる限界を紹介!

TOP