都内から沖縄へ移住!!人生を変えた石垣島の海と出会って。

アウトドア
はじめに

突然ですが、あなたは「海」と聞くとどんなイメージを連想しますか?

・青い?

・広い?

・楽しい?

・怖い?

私は、石垣島に移住をする前まで「海」と聞いて連想するイメージは、

・ベタベタ

・海藻ばかり

など、良いイメージではありませんでした…。

瀬戸内育ちの私は、いつも近くに海がある生活を送ってましたが、「青く、キレイな海」とはとうてい言えませんでした。もちろん、全ての瀬戸内がそうとは限りません。それに、瀬戸内は穏やかでとても過ごしやすい場所です。

子供の頃に浅瀬で海水浴をしていると、足元に見えたのは海藻だけでした。よく父に、「絡まったら足をとられるから気をつけろよ〜!」なんて言われることもしばしば。砂と海水が体にまとわりつきベタベタする感じも好きではありませんでした。こういった私の幼い記憶がこのような海のイメージを抱かせた原因なのだと思います。

初めてのダイビング

私の夢は、スローライフな生活をすること。基本的に「のんびりと、自由に暮らす」というのがモットーです。ですが、ありがたいことに責任のあるポジションを一任され気がづけばしゃかりきに働く毎日。

なぜ、こうなってしまうのだろう…。

そんなことが常に頭をよぎりながら仕事に没頭していた頃のことでした。たまたま付けたテレビ番組でイルカやクジラ、アシカなど海の動物たちと身一つで泳いでいる姿を目にしました。
驚きと感動で呆然とし、テレビ画面の前から離れられませんでした。

「私も、いつかこんな風に野生のイルカと泳いでみたい!」と、抱くようになりました。かといって何をしていいかもわからず…。

そんなある日、友人から連絡が入ります。「石垣島で結婚式を挙げることになったので参列してほしい」
運命的な出来事のように感じました。
友人の結婚の喜びと同時に私の脳裏には、テレビで見たあの感動的な光景が浮かび胸が高鳴りました。

数日後、友人への連絡とともにスキューバダイビングの予約を済ませた私は、幸せな気持ちでいっぱいになっていました。

ピュアティ石垣島ダイビングサービスでスキューバダイビングを体験!

いよいよスキューバダイビング初体験の当日。
今回体験させていただいた施設はこちら

Purity Diving Service~ピュアティ石垣島ダイビングサービス〜
石垣島の川平にあるダイビングショップで、ダイビングスクールやシュノーケリングなども行っています。
ウェブサイトでは随時予約も受け付けていて、お気軽にお問い合わせいただけます。

インストラクターのお姉さんがとても親切で、いざとなると不安になった私をしっかり支えて勇気づけてくれました。おかげで安心して海の旅を楽しむことができました。

海底を泳ぐ色とりどりの鮮やかな魚たちは見たこともないくらいの綺麗さと、身近でみるサンゴもキラキラしていて繊細に輝いていました。

※色とりどりの鮮やかな魚たち

※キラキラした繊細なサンゴ
写真は移住後、gopro7 blackで撮影したものを画像にしてます。

初めてのダイビングは、すべての景色が透き通って見えました。私の目に映ったこの美しい海の光景は、涙が出るほど感動して嬉しかった事を今でもはっきりと覚えています。
この体験を通して、石垣島の海はとても美しいことを実感することができました。

サンゴについて:珊瑚は動物だということをご存知ですか?クラゲやイソギンチャクの仲間に分類される刺胞(しほう)という分類です。
サンゴの種類は、なんと約800種類!こんなに多くのサンゴが存在しています。また、ここ沖縄は世界の中でもサンゴの多い海域といわれています。
サンゴは、植物同様に二酸化炭素を吸収して酸素をつくりだし海を浄化する役割もしています。サンゴは海の中だけではなく、この地球上にとってとても重要な役目を果たしてくれているそうです。

☆ 美ら海水族館【 サンゴ礁への旅 】では、様々な種類のサンゴと触れ合い観察することができます。(※現在は新型コロナの関係で触れ合うことは中止されています。)
※入場料、営業時間など詳しい詳細はコチラをご覧ください。➡美ら海水族館

 

ーー東京に戻ってからの私はというと、いてもたってもいられませんでした。休日を利用しては石垣に遊びに行って海に潜る。帰りたくない気持ちを抑えながら東京へ戻る。その繰り返しの日々に自問自答しては、日に日に石垣島への想いが募るのを感じていました。すると、東京へ戻る電車の中で鼻水が止まらなくなるというよくわからない現象まで起こり始めました。未だに原因はわからないままですが、私はこの現象を都会アレルギーだと都合の良い解釈をし、これはもう石垣島に住むしかない、と勤めていた会社を退職し移住することを決断したのです。

初めて石垣島を訪れてから1年も立たずと移住を決断した私の行動に周囲の方はよく心配して声をかけてくれました。
東京での暮らしはストレスに感じることもありましたが、仕事も人も大好きでした。だからこそ心配してくれたのだと思います。

石垣島へ移住して

それから間もなくして無事に石垣島に移住することができました。引っ越しをしてからの生活は毎日楽しさを感じる反面、新しい土地や気候になかなかなれず、思い描いていた理想と現実とのギャップに戸惑うことも多かったです。ですが、このすばらしい海と生き物たちと、何よりも優しい方々に囲まれてとても充実した島暮らしに毎日幸せを感じています。

オススメ海アイテム!

最後に、海の旅には欠かせないアイテム・gopro7 black。をご紹介!

記事のお写真は、全てこの【 gopro7 black 撮影をしています。
大自然を味わうアイテムを思い出として残すにはすばら良い活躍をしてくれます!
更に新しいバージョンアップの商品を購入するなら【 goprohero9 blackおすすめです。

 

【 この記事を書いている人 】

関連記事

特集記事

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 登山で出会えるきれいな植物!【第二弾】見つけてみよう!こんなにかわいい春の山植物

  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 【視線の先#003】 加藤則芳さんを辿って

  1. 【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  2. 「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  3. 現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

最近の記事

  1. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル➡桂池】

  2. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  3. 登山で出会えるきれいな植物!【第二弾】見つけてみよう!こんなにかわいい春の山植物

ランキング

  1. 1

    現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

  2. 2

    【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  3. 3

    【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  4. 4

    「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  5. 5

    登山で出会えるきれいな植物!おすすめの山や見られる限界を紹介!

TOP