John Muir Trail -ある夏の私の旅- 【2日目】

トレイル

8月23日【Day2 Little Yosemite Valley → Cathedral Lake 19.2km/27.1km】

前日はよく眠れた。

5:00過ぎに起きた。朝ご飯を作って食べる。今日も歩く。もう携帯は繋がらない。パッキングをして、まだ太陽が昇りきらないうちに出発した。

この日は最初から急登だった。しかし、前日のストレッチが効いたのか、足をつることなく歩けた。

他のハイカーとのあいさつがとても心地よい。どの人もみな、楽しんでいる。急登でも、嫌な顔一つせずに登っていく。こちらまで楽しくなってくる。水の飲み方も少し慣れてきて、やっていけそうだ。

歩いていると、自分と同じ方向から歩いてくる人よりも、前から歩いてくる人の方が多いことに気が付いた。聞いてみると、登りが少ないから南から歩いているという人が多かった(Yosemiteからスタートすると北から歩いていることになる)。

なるほど、そういえば私は、今から北米大陸本土最高峰を目指すのだ、と再確認する。また、ほとんどがいわゆるセクションハイクで、John Muir Trailの一部を歩いている。全部をスルーハイクしている人は、私がトレイル中にあった人の中で3、4人ほどであった。

とても空気が乾燥していて、少し歩いては、何度も水分補給を繰り返した。水は近くの川や湖からいくらでも手に入れることができるので、冷たい水を遠慮なく、たくさん飲める。

この日は何個もある峠のうちの、最初の峠を越えた。峠の上で飲む水は最高だった。

改めてアメリカの大きさを感じた。心が解放されるようだった。知っている樹木もあるが何だ、これは、と思うほど奇妙な姿をしている植物もあった。

このような川を、何度も渡っていく。周りには誰もいない。シカにも会い、大自然の中にいることを実感する。

アメリカらしい、険しい山々を横に見ながら、ただひたすらに歩いた。

アメリカに来る直前に日本の北アルプスを縦走していたので、体力はあった。ただ、アメリカを歩いているというのと、一人で歩いているというのが違った。この日は9時間ほど歩き、よい湖を見つけたのでそこを寝床とすることにした。

しっかり歩いたのはこの日が初めてだったので、疲れもあった。テントを張る前に岩の上で大の字になって昼寝をした。風が心地よかった。

湖のほとりに座っていると、あぁ、私は今一人だ、と実感する。これから続く想像もできない日々に、少し不安を感じる。

湖で体を洗い、のんびりしと夕飯を食べた。ココアを飲んだら落ち着いた。紫色の空を眺めていたら、いつしか星が出てきて、暗くなってきたので眠った。

周りには誰もいなかった。静かだった。とても静かな夜だった。

関連記事

特集記事

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 【 暮らしごはん 】〜よーこの食卓〜: 大人も子ども喜ぶ!!夏の夜空にピッタリの七夕レシピ『天の川そうめん。』

  3. 空と大地のあいまに 08

  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 信越トレイル110km旅情紀行【Day1 レストハウスチロル→桂池】

  3. 【ONE SCENE】山とトレイルにまつわる物語 vol.00

  1. 【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  2. 「こんなに難しいと思った山は初めて、シェルパたちに感謝の気持でいっぱい」渡邊直子さん【日本人女性初8000m峰8座目登頂】

  3. 現役看護師の登山家 渡邊直子さんにインタビュー!ヒマラヤ裏エピソードと山の楽しみ方

最近の記事

  1. それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

  2. 【 暮らしごはん 】〜よーこの食卓〜: 大人も子ども喜ぶ!!夏の夜空にピッタリの七夕レシピ『天の川そうめん。』

  3. 空と大地のあいまに 08

ランキング

  1. 1

    これを読めば、あなたもタニラー?多肉植物の不思議な魅力

  2. 2

    堤防釣りは、初心者でも爆釣が期待できる楽しい釣り!

  3. 3

    渓流釣り用ウェアの選び方・初心者と釣りガールのために解説

  4. 4

    【祝】ダウラギリ登頂!日本人女性歴代最多,8000m峰登頂の渡邊直子さんにインタビュー!

  5. 5

    それは本当のウルトラライトか〜アウトドアにおけるスタイルの選択について〜

TOP